KOSYUIGA
甲州伊賀
山梨でも耐火度の高い白い土がわずかにとれる
その土で伊賀流に穴窯で七日間強い焼き方をしたものを
甲州伊賀と名づけている
自然釉のビードロの艶を落とした表情が特徴である
Roppo作品
作品は穴窯焼成による甲州伊賀をはじめ、志野・熔泥粉引・灰釉など多彩である。
特に金志野、熔泥などオリジナルの技法も数多い。
価格表をご希望の方はメールにてご請求ください
鼠志野茶碗
南蛮小鉢
金志野茶碗
万力黒茶碗
CHAWAN
SHINO
志野
ビードロの灰被志野や紅志野、金志野など多彩である
特に金志野は世界初の技法で金色の志野を焼き上げ、Roppoが金志野と初めて名づけた
2004年に発表以来、日本橋三越J.S.('05)横浜島屋('06)などで発表し好評を得ている
灰被志野水指

作品の特徴は、地元山梨の山々を土を捜し求めて歩き回り
10年がかりで、伊賀にも負けない土をみつけた
この土を5日間かけて穴窯でやきあげた
甲州伊賀をはじめとした焼〆作品をもっとも得意とする

平成15年にはクラーク財団 ルース・アンド・シャーマン・リー 日本美術研究所(U.S.A.) に独自の技法 熔泥シリ ーズの茶釜がコレクションされる
絵画、書、建築、料理、花など陶芸のみならず
多彩な才能を各方面で見せている

特に築窯は平成14年現在で、20基以上手がけており
常に依頼が絶えず本人は苦笑いである
平成15年には 『KILN(窯を作ろう)』執筆 講談社インターナショナル刊(U.S.A.)が刊行されている
Roppo陶歴

1960    鳥取県米子市生まれ.
1980    新宿画廊にて抽象画を発表。後、陶によるオブジェの制作を開始。
1982    長野県丸子町に登り窯・穴窯を築く。
1985    信濃デッサン館主窪島誠一郎氏に出会い分館・山の陶房の設立に協力。
1986    信濃デッサン館・槐多庵(上田)にて91年まで6回個展。
1990    小田急百貨店(新宿)にて個展。
1991    山梨県に陶房を移す。
1992    スペインへ旅する。 桃居(麻布)にて個展。
1994    ’96 2度にわたり仏跡を訪ねインドを旅する。
        陶展−土の母性−(甲府・イノセント)開催。
        茶の空間と陶展vol.1.2(高根・トラックス)開催。
1995    陶展−無量の華−(高根・トラックス)開催。
1996    松坂屋(大阪)にて個展。
        東京・大阪・山梨各地にて、熔泥シリーズ・石花シリーズを発表。
1997    幻影の独楽展(代官山・オリーブ他)にて−光悦のりんご−を発表。
        陶展−像(かたち)のかなたへ−(高根・トラックス)開催。
1998    本名 田村和幸から、陶名を六鵬に改める。
        ギャラリー旬(広尾)にて個展、2000年以後毎年個展。
1999    Roppoの偶壺展(スパンアートギャラリー・銀座)開催。
        詩と陶のコラボレイション「はるかな糸」(甲府・イノセント)開催。
2000    ギャラリー旬(広尾)にて−山梨の土を使った「甲州シリーズ」発表。
2002    SOFAニューヨーク他にて茶ぶくろ(茶釜)熔泥シリーズ花器等を発表。)
2003     クラーク財団 ルース・アンド・シャーマン・リー 日本美術研究所(U.S.A.) に
        熔泥シリ ーズの茶釜がコレクションされる.
        『KILN(窯を作ろう)』執筆 講談社インターナショナル刊(U.S.A.)
2004    金志野を発表する。
2005    日本橋三越J Sにて甲州伊賀「茶陶」展、松屋銀座にて陶展を開催。
        その他各地にて個展多数
2006    横浜島屋にて個展
YOUDEI
2003年クラーク財団ルースアンドシャーマンリー日本美術館にコレクションされたシリーズで、陶による茶釜としては非常にめずらしく、六鵬オリジナルの表現である
熔泥
六鵬 ・Roppo

本名 田村和幸